ディスコグラフィー

  • HOME
  • ディスコグラフィー

二十五弦箏曲組曲《飛鳥の額田王》2018年

曲目解説

大自然と人が一体であった初期万葉の自然観は、奈良中期以降薄れ、平安の日本文化の幽玄・侘び寂びの世界観となり、個人的な哀感の世界に変わっていきました。日本の音楽もその影響を大きく受けていますが、自分はその初期万葉に表現されている日本の精神の神髄を音楽で表現したいと思い、額田王の万葉歌から見える飛鳥の素晴らしい世界観を表現できたらと思い作曲しました。

25-strings SOU kyoku
Long ago in the early “manyou-era”, man and the great outdoors were once one. An era where the true nature of the Japanese transcended the rustic aesthetic of wabi-sabi. I wrote this song when I was pondering this sense of nature.

prologue 飛鳥(Asuka)

1 秋の風(5:06)

君待つと 我が恋ひをれば 我が宿の 簾動かし 秋の風吹く
曲の説明
風がさっと吹いて 天皇が来られたのかなと待っている額田王の心情を表現。

Autumn breeze
This song expresses the feelings of Nukatano-Ohkimi as he waits wondering if the emperor has arrived the moment the autumn wind begins to gently blow.

2 三輪山(5:21)

味酒 三輪の山 あをによし 奈良の山の 山の際に い隠るまで 道の隈 い積もるまでに つばらにも 見つつ行かむを しばしばも 見放けむ山を 心なく 雲の 隠さふべしや
曲の説明
長い道中 懐かしい三輪山が雲と山々の間で見え隠れして ずっと眺め続けていたいのに見えなくなってしまった 故郷を離れる寂しい心を表現。

This song expresses his lonely heart as he is leaving his hometown. Looking back, he wants to stare off endlessly at the nostalgic Mt. Miwa as it appears and disappears between the clouds and mountains as he finally loses sight of it.

3 船出(10:10)

熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな
曲の説明
そびえる山々 昇る月 光輝く月の光 光が海に映え満々と満ちてくる潮 月と海 ゆるぎない人びとの士気 大自然の一体となり出航する様を表現。

Towering mountains, rising moon, the light of the shining moon, the tide filled with the moon reflecting on the sea, the moon and sea, the morale of unshakable people, it all becomes one with nature as the boat departs.

4 出陣の高揚(3:54)

曲の説明
生死をかけて出陣する全軍の気持ちを表現。

This expresses the feelings of the entire army setting out to stake their lives.

5 宇治の宮処(3:58)

秋の野の み草刈り葺き 宿れりし 宇治の宮処の 仮廬し思ほゆ
曲の説明
比良の行幸の途中で、宇治の秋のススキを刈って屋根に葺き、仮の宿を作って泊まって楽しかった回顧は、実は宇治の旧京の地霊のために詠まれた 言霊的呪術であり その讃歌を表現。

The fun memory of harvesting Susuki-grass of Uji in autumn to thatch a roof for a place to stay one night in the middle of a journey.

6 遊猟(5:16)

茜さす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る
曲の説明
初夏の太陽の下 柴野で偶然出会った二人の喜びを二声で絵画的な表現。

This is the illustrative expression of two people’s delighted voices as they meet by chance in Shibano under the early summer sun.

[反歌]天武天皇
柴の 匂へる妹をに憎くあらば 人妻ゆゑに 我れ恋ひめやも
曲の説明
額田王に思いがけなく出会った喜びを袖を振ると言う行為に溢れさせ感情と思い出を織り交ぜ音で表現。

An expression of someone’s memories interweaving with the overflowing emotion when they waved their arms with joy upon suddenly meeting Nukatano-Ohkimi.

7 epilogue 晩年の想い(1:14)

晩年の想いを表現。

The exception of the thought at the end of life.

Rāmen 2018年

Rāmen 2018年
vocal
Kanesada(KOTETSU)
Director Composition
Toshihiro Mishina(三品曉宏)
Rāmen 2018年

曲目解説

《How to eat ramen funny Original music animation ラーメンおもしろオリジナルミュージックアニメ》
ラーメンの面白い食べ方
奇想天外!
見てびっくり!
聞いてびっくり!
斬新なスタイルの音楽アニメ

How to eat Japanese ramen unique
Fantastical outside
You will be surprised to see it
You will be surprised to hear it!
Innovative style music animation

曼荼羅Mandala 2017年

曼荼羅 Mandala 2017年

曲目解説

曼荼羅の意味しているものは、宇宙の摂理の縮図であり、人びとを大宇宙の運行に融合させ生動へ導くもの。
迷える人びととそれを救おうとする様々な菩薩、如来のつながりの空間、構図をアクースモニウムで表現。
悟り・慈悲・知恵・煩悩などが現実の世界に広がる様を電子音響音楽で表現。

始めに大日如来(宇宙永遠の真理と悟りを意味する)が降臨/人類の祈り/様々な菩薩が人類を「悟り」の境地に導き人びとを救うために出現/様々な煩悩/苦しみ煩悩を抱えた人びとを救う菩薩と如来/それによって救われた人びとの喜び/煩悩断ち切る菩薩により精神を解放され悟りの境地となり、大宇宙とひとつになる精神世界を表現。

Mandala is a microcosm of the universes providence.
This song expresses when Dainichi Nyorai appeared in the beginning, the songs of prayer by the people, the myriad of bodhisattvas who try to save the souls of lost people, and the guidance to Buddhist enlightenment.

忘れられた記憶La Mémoire oubliée 2017年

曲目解説

自分の心の奥深くに刻み込まれた響。それが熟成し記憶の断片として自分の過去の忘れた記憶と密接につながり重なり合う。深層世界の奥深い共通の意識としてつながり日常の音が非日常の音楽感情表現として展開していく。
列車やそれに関連する様々な音像が脳のシナプスニューロンとしての役目となり様々な記憶を呼び起こす。夢が走馬灯のように音楽の情景として広がって行く。
単なる音ではなくそこには過去の記憶となる時間空間の断片がありやがてその音源ははるか彼方に消え去り無に帰る。

The echoe that has been etched into the depths of my heart. As a fragment of a memory it has ripened. It intimately connects and overlaps with forgotten memories of the past. It is as if l share a consciousness in a deeper world. Ordinary sounds are developed as sounds of extraordinary expression.
Trains and various related sounds serve as the neural synapses of the brain and call awake various memories. The dream spreads out like the spectacle of sound like a revolving lantern "Soumatou".
It is not only a simple sound, but a fragment of time space which became a past memory, in the end that imagery returns to back to nothingness.

鎮魂花火feux d'artifice Requiem 2017年

曲目解説

地上に戻ってくる先祖の精霊をお迎えし供養をする日本文化のお盆。花火は本来死者を弔う慰霊と祈リのために使われた。迎え火、送り火、灯篭流しと同じ意味をもつ日本独自の習慣。
夜空に美しく打ちあがり、一瞬で消える様は儚く人の命のように例えられ灯りが消える悲しさや寂しさ、消えるものを慈しむ心をもつ日本の感性を表現。
花火の色鮮やかな組み合わせの幻想的な風情を様々な音色で表現。
あたかも花火の音と魂がひとつになり『音霊』として宇宙に飛び交い舞う音響空間。
大きな花火から線香花火のような小さな花火まで様々な花火の一瞬の時間と空間の面白さ、不規則性偶然性のリズムを表現しました。

This song expresses the mystical taste of the atmosphere as you hear the souls of fireworks flying about on the day of the Chinkon fireworks festival.

ピアノアルバム 水の変容Transformation of water 2016年

曲目解説

古事記に出てくる日本神話の水の神をイメージしたピアノ曲。ミズハノメ神の司る山の奥深いところに湧水や雫がキラキラ輝いている。それが渓流・滝・澱(よどみ)となりやがて大河になり海神(わたつみ)の司る海に注ぐ。静かな海 荒れ狂う波 そして神秘的ですべてを包む海 そんな様々な水の変容を曲にした。

I composed this song based on the Japanese god of water that appears in Kojiki, the book of Japanese mythology.
Springwater and drops shine deep in the mountain ruled by the god, Mizuhanome. And that water, from the mountain streams, waterfalls and sedentary pools finally end up in a large river flowing towards the ocean under the god, Watatsumi.
I made this song to express the various changing states of water like those of the gentle sea, the raging waves, and the mystical all-enveloping ocean.

  1. 湧水や雫の輝き
    The shining of spring water and drops
  2. 乙女の姿をした水の神ミズハノメ現れる
    The god of water Mizuhanome appears in a form of lady
  3. 水の神ミズハノメ現れ村を潤す
    The god of water Mizuhanome appears to enrich the village
  4. ミズハノメが村人に紙漉を教える
    Mizuhanome taught Kamisuki(Japanese paper-making)to villagers
  5. 精霊の滝
    The spirits of waterfalls
  6. 春の雨あがりの水たまり
    The puddle of after the rain in spring
  7. 葉の雫
    The dew on leaves
  8. 雨乞いの舞と祈祷
    The Mai(dance)and prayers for rain
  9. 人びとの水への祈り
    People's prayers for water
  10. やすらぎを与えられた人びとがミズハノメに感謝する
    People who are given peace thank Mizuhanome
  11. 豊作の喜び
    The pleasure of an abundant harvest
  12. 絶え間なく流れゆく川が人びとを潤す
    The steadily flowing rivers enrich people
  13. 雪の精霊
    The spirits of snow
  14. 湖畔に桜の花びら舞う
    The cherry petals fluttering on the lakeside
  15. 神秘的ですべてを包む海
    The mystical all-enveloping ocean
  16. 海の波(北斎の海)
    The sea waves(the sea of Hokusai)
ピアノアルバム 水の変容

オーケストラ作品《少年の日の幻想》Visions from boyhood 2016年

曲目解説

日光国立公園の山や森に囲まれた神秘的な湖と雄大な自然、そして東照宮など荘厳な世界遺産を、14歳の頃見て感動したその時の浮かんだ深い響と楽想の記憶をそのまま再現しました。

Seeing the mystic lake surrounded by the mountains and forest of Nikko National Park and the magnificence of nature, further yet the Nikko Toshogu, I was moved. This song recreates the musical motif and the deep echoes that resurfaced from my 14-year-old selfs memories as they were then.